popIn アフィリエイトプログラム利用規約

第1条(目的)   第2条(定義) 本規約において、次の用語の定義は、各号記載のとおりとする。   第3条(アフィリエイトプログラムの内容)   第4条(アフィリエイト報酬の計算及び支払い)   第5条(違法又は不適切なコンテンツ) 1.アフィリエイトパートナーは、本サイトにおいて以下の各号の内容を含むコンテンツ(以下「違法コンテンツ」という。)を配信してはならない。 2.アフィリエイトパートナーは、本サイトにおいて以下の各号の内容を含むコンテンツ(以下「不適切コンテンツ」という。)を配信してはならない。   第6条(本広告枠掲載上の遵守事項) アフィリエイトパートナーは、本サイトにおいて本広告枠を掲載、維持するにあたって、以下の各号の行為を行ってはならない。   第7条(情報開示・監査)   第8条(知的財産権)   第9条(本システムの提供)   第10条(アカウント管理及びサポート)   第11条(情報の管理・利用)   第12条(保証の制限) 3.本システムの瑕疵(popInが策定する本サービスの仕様どおりに機能が動作しないことをいう。以下、本条において同じ。)が発見されたときは、popInは自らの判断により速やかに補修、交換その他popInが適当と認める措置を講ずるが、popInの責任は瑕疵の除去の努力をすることに限られる。

第13条(アフィリエイトパートナーの禁止事項)
1.アフィリエイトパートナーは、次の各号に定める事項を行ってはならない。 2.アフィリエイトパートナーが前項各号の一に違反した場合、popInは何らの通知及び催告なしに、直ちに本サービスを停止し又は本契約の全部若しくは一部を解除することができる。 3.前項に定める本サービスの停止又は解除権の行使はpopInによる損害賠償請求を妨げるものではない。

第14条(秘密保持義務)
 

第15条(権利義務の譲渡禁止)
アフィリエイトパートナーは、popInの事前の書面による承諾を得ない限り、本契約上の地位及び本契約に基づく一切の権利義務につき第三者に譲渡、承継、許諾、賃貸等の処分を行ってはならず、また担保に供してはならない。  

第16条(期限の利益の喪失及び即時解約)
1.当事者のいずれかに次の各号の一に該当する事由が生じた場合は、該当者は相手方に対して負う一切の債務(本契約に基づく債務に限定されない。)について当該時点で期限の利益を喪失し、直ちに債務全額を相手方に支払わなければならない。また、当該相手方は、該当者の責めに帰すべき事由の有無に関わらず、何らの催告を要せずに直ちに本契約の全部又は一部を解除することができる。 2.当事者のいずれかが本契約の全部又は一部に違反した場合において、相手方が相当の期間を定めて違反状態の是正を催告した場合、当該催告期間満了までになお違反状態が是正されないときは、違反当事者の責めに帰すべき事由の有無に関わらず、相手方は何らの通知を要さず本契約の全部又は一部を直ちに解除することができる。 3.前二項に定める解除権の行使は解除当事者による損害賠償の請求を妨げるものではない。  

第17条(反社会的勢力の排除)
1.各当事者は、それぞれ相手方に対し、次の各号の事項を確約する。 2.両当事者は、各当事者が報道・言論の自由に基づき、あるいは著作者の表現の自由に基づいて、反社会的勢力を取材、撮影、又は題材として取り上げた雑誌・書籍・電子書籍・映像作品等を出版・発行・製作する行為及びこれに付随する行為は前項各号に該当しないことを相互に確認する。 3.各当事者について次のいずれかに該当する事象が生じた場合には、相手方は何らの催告を要せずして、本契約を解除することができる。 4.前項の規定により本契約が解除された場合には、解除された当事者は、相手方に対し、相手方の被った損害を賠償する。 5.本条第2項の規定により本契約が解除された場合には、解除された当事者は、解除により生じる損害について、相手方に対して一切の請求を行わない。  

第18条(損害賠償)
両当事者は、本契約に違反して相手方に損害を与えたときは、これによって通常生ずべき損害(合理的な弁護士費用を含む。)を賠償するものとする。当事者が予見すべきであった特別の事情によって生じた損害についても同様とする。  

第19条(免責及び損害賠償の制限)
1.popInは、本規約の各条項に従って制限された限度においてのみ、本サービスについての責任を負うものとする。popInは、本規約の各条項において保証しないとされている事項、責任を負わないとされている事項、アフィリエイトパートナーの責任とされている事項については、一切の責任を負わない。 2.popIn及びアフィリエイトパートナーは、以下の事由に基づく本サービスの全部又は一部の中断・停止等によって生じた損害については、相互に一切の責任を負わないものとする。 地震、台風、津波その他の天災地変、戦争、暴動、内乱、テロ行為、重大な疾病、法令・規則の制定・改廃、公権力による命令・処分その他の政府による行為、争議行為、輸送機関・通信回線等の事故、電気通信事業者のサービス停止、停電、サーバー故障、回線障害、通常講ずるべき対策では防止できないウィルス被害が生じた場合、本契約締結時に予想できなかった利用方法又は違法な方法により本システムに障害が生じた場合、その他当事者の責に帰することができない事由による場合 3.popInが本契約に関連して自らの責に帰すべき事由によってアフィリエイトパートナーに対して損害を与えた場合であっても、popInに故意又は重大な過失がある場合を除いて、その賠償責任は、本規約第4条に基づいて発生した過去1年分のアフィリエイト報酬の総額を上限とする。 4.popInが責任を負う場合であっても、アフィリエイトパートナーの事業機会の損失、逸失利益、データの滅失等によって生じた損害については、契約責任、不法行為責任その他請求の原因を問わず、いかなる賠償責任も負わない。  

第20条(有効期間・更新)
 

第21条(契約終了後の処理)
 

第22条(存続条項)
第8条(知的財産権)、第11条(情報の管理・利用)、第12条(保証の制限)、第15条(権利義務の譲渡禁止)ないし第19条(免責及び損害賠償の制限)、本条、第21条(契約終了後の処理)、本条、第23条(準拠法)及び第24条(専属的合意管轄裁判所)の規定は、本契約の終了後もなお存続するものとし、第14条(秘密保持義務)の規定は、本契約の終了後3年間なお存続するものとする。  

第23条(準拠法)
本契約の準拠法は日本法とし、同法に従って解釈されるものとする。  

第24条(専属的合意管轄裁判所)
本契約に定めのない事項又は本契約に関する疑義は、信義誠実の原則に従い、両当事者が協議の上解決を図るものとする。協議によっても紛争が解決しない場合、本契約の当事者間で本契約に関して生じる紛争は、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とする。  

第25条(規約改定)
アフィリエイトパートナーは、popInが本規約の内容を本規約の目的に反しない範囲で改定することがあることにあらかじめ同意する。popInは改定後の本規約の内容を、効力発生時期を定めてpopInのウェブサイトにおける掲示又はその他の方法によりアフィリエイトパートナーに通知する。  

以上
 
2020年427日制定
2020年624日改定
2020年910日改定
2020年122日改定